個人事業で開業しよう

個人事業で納める税金の種類

サラリーマンと同じように、個人事業主も所得税や住民税、あるいは社会保険関連の税金を納めることになります。サラリーマンは「給与所得」であるのに対し、個人事業主は「事業所得」である点に違いはありますが、所得の種類は違うものの、どちらも納税の義務が個人にある点では同じです。

けれども、事業税の「個人事業税」や消費者から預かった「消費税」についても納めることになるのが通常の会社員とは違う点です。

所得税と住民税

社会保険

その他

全ての税金を一括で納める場合、時期的には3月〜6月あたりまでは負担が大きくなると思います。特に、初年度には予定納税の分で負担が大きくなりがちですので注意しましょう。

所得税と予定納税、住民税

所得税は3月頃の確定申告の後に払いますが、その後、予定納税を6月と11月あたりに2回に分けて行います。この予定納税は、次年度分の所得税をあらかじめ払うものですが、予定納税基準額が15万円以上の場合は納める必要があります。ニュアンス的には、サラリーマンの源泉徴収と同じような意味になります。

ですので、翌年度、もし税金を多く納めていた場合には確定申告をすることで還付金として返ってきますが、初年度の確定申告では前年んの予定納税がない分、かなり負担が大きくなりますので注意しておきましょう。

一方、住民税については後払いの税金と言われており、確定申告後、すでに確定した所得に対して課税されてきますので予定納税はありません。

国民健康保険料と国民年金保険料

何気に高い負担となるのが社会保険料ですが、特に国民健康保険料は要注意です。

国民健康保険料については、平成25年に「住民税方式」から「旧ただしがき方式」へと1本化されておりますので、控除できる部分がかなり少なくなってます。所得税や住民税とは違い、もろもろの節税対策をして所得控除額を増やしても、国民健康保険料についてはあまり効き目がありません。

市区町村やにもよりますが、600万円程度の所得規模があれば、簡単に保険料の上限まで達しますので、年間で70万円〜89万円前後の保険料がかかってくることが多いです。
(※介護保険料の対象かどうかによって金額が異なります。)

一方、国民年金については、一律で年間18万円程度(月額16,260円:平成28年度)ですので、それほどの負担にはなりません。収入に応じて金額が増えるサラリーマンの厚生年金とは違い、基礎部分だけで済むので負担は軽い傾向にあります。

その分、将来への不安が出てくるかと思いますので、別途に国民年金基金などにも加入しておくとよいでしょう。

個人事業税と消費税

個人事業税は業種により税率が違いますが、前年の所得金額から事業主控除などを差し引いた金額に対して5%程度の税金が発生してきます。こちらは都道府県税になり、8月と11月の2回払いで請求されてきます。

この個人事業税については経費に計上できる税金になりますので、忘れずに計上しておくとよいでしょう。

一方、個人事業税と似たような税目に事業所税がありますが、こちらは市区町村の税金になります。従業員100人以上とか、事業所の床面積の合計が1,000平方メートルを超える事業などにかかってきますが、一般的な個人事業主は該当しないはずです。

個人事業税が「都道府県民税」に対し、事業所税が「市区町村税」になりますので、どちらも事業税ではありますが、市区町村に個人事業税の納税証明書の発行を依頼してもデータはないはずです。似たような税金ですので、混同しないようにしましょう。

また、消費税につきましては、課税対象の売上が1,000万円を超える場合に発生しますので、達成しそうな金額になった際には法人成りを検討されるとよいかもしれません。ただし、海外取引の際の輸出免税など消費税の課税対象にはならない取引がありますので、「売上で1,000万円」ではなく、「課税対象の売上で1,000万円」という点に注意しましょう。


次のページ » | 個人事業主が納める税金の実例

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp