個人事業で開業しよう

発生主義と現金主義の違い

一般的に、家計簿やお小遣い帳などは「現金主義」になりますが、実際にお金の出入金があった日付で記帳する簡易的な方法になります。実際にお金のやり取りがあった(実現した)日付で記帳するため、「実現主義」とも呼ばれています。

例えば、12月25日分のお小遣いをもらい忘れていて、翌年の1月10日にもらった場合でも、お小遣い帳の入金日は1月10日の日付で記載するはずです。

けれども、この現金主義はあまり正確な記帳の方法とはいえません。毎月のお小遣い日が25日と決まっている場合、12月分の収入が発生した時点は12月25日となりますので、1月10日分の収入ではなく、前年度の12月25日分の収入で記載するのがより正確な記帳の仕方になります。

このような、現金のやり取りの有無に関わらず、収入や取引の根拠が発生した時点で記帳するのが「発生主義」による記帳の方法です。

上記のお小遣い帳の例の場合、12月25日分のお小遣いは「発生主義」では前年度の収入となりますが、「現金主義」では今年度分の収入となってしまい、どちらを採用するかによって微妙な違いが生じてきます。

お小遣い帳や家計簿なら「現金主義」で記載しても特に問題はありませんが、個人事業の事業所得については収入を計上する年度が違うと、税金も違ってきてしまうため、より正確な簿記である「発生主義」で記帳することが推奨されています。

例えば、商品を掛けで12月25日に販売した場合、売上高を12月25日で計上し、実際に入金があった時点で銀行口座の現金として計上するというやり方になります。ただし、発生主義といっても、会計ソフトを使えば、それほど難しいことはありません。

「65万円の青色申告特別控除」は発生主義による記帳が必要

税務署へ申請して「現金主義による所得計算の特例の適用」を受けている場合、「現金主義」による簡易帳簿で記載することもできますが、この場合は「65万円の青色申告特別控除」を受けることができなくなってしまいます。

現金主義では、最高10万円の控除しか受けることができなくなってしまうため、できるだけ発生主義による正規の複式簿記で記帳することをおすすめします。

現金主義による簡易帳簿だからといって、正規の簿記ではないというわけではありませんが、前々年分の事業所得などの合計額が300万円以下の方などと制限されているため、事業が好調になってきた際や法人成りした際にはどのみち発生主義で記載することになります。

それほど大した違いはありませんし、何より65万円分の青色申告特別控除はかなり大きいため、できるだけ発生主義による記帳をするとよいでしょう。


次のページ » | 領収書の保存義務があります!

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp