個人事業で開業しよう

個人番号カード(マイナンバーカード)とは何か?

国が2,000億円をかけて投入した「住民基本台帳カード」は、発行枚数が約710万枚に留まっており、国民の5%程度しか普及しませんでした。

住民基本台帳カード(新規発行は終了)

そしてマイナンバー制度の導入により、この住民基本台帳カードは新規発行が既に終了となっています。今後は代わりに個人番号カード(マイナンバーカード)を利用することになります。

個人番号カード(マイナンバーカード)NEW!

この個人番号カードには裏面に「マイナンバー」が記載されているほか、住基カードと同様、身分証明書としても利用できます。さらに、e-Tax(電子申告)の際に必要となる電子証明書も無料で発行してもらえます。

また、コンビニで住民票や印鑑証明書などの交付を受けることができます。

個人番号カードの主な機能

現在のところ、マイナンバーカードの交付枚数は約1,300万枚となっており、普及率は約1割の10.3%に留まっています。(※平成29年12月1日現在)

マイナンバーカードの取得方法

この個人番号カード(マイナンバーカード)の取得方法についてですが、すでに個人番号を通知するための紙の「通知カード」が到着していると思います。

これに付属している交付申請書で申し込むことができます。

マイナンバーカード交付申請
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/
※PCもしくはスマートフォンからアクセスして下さい。

紙の「通知カード」を上記のプラスチックの「マイナンバーカード」にランクアップさせるイメージになるかと思います。

実際に個人番号カードの交付を受ける際には、「通知カード」と「住民基本台帳カード」を返却した上での交付となりますので、個人番号カードを交付してもらうと「住民基本台帳カード」に格納している電子証明書は使えなくなります。

そのため、必ず個人番号カードの方でも電子証明書の発行をしてもらうようにしましょう。また、電子証明書のパスワードも忘れてしまうと使用できなくなります。必ず、設定したその場でメモしておくようにしましょう。

当サイト運営者の場合、マイナンバーカードの電子証明書は交付された当日に利用できましたので、住基カードを返還しても、すぐに新しい電子証明書を利用することができました。

けれども、マイナンバーカードへ切り替えた場合はリーダライタの設定で戸惑ってしまう可能性もあります。

「明日までに確定申告しなくてはいけないのに、いつものリーダライタが個人番号カードの電子証明書を認識しない。これなら住基カードをそのまま使っておけばよかった。」というケースも考えられます。

住基カードの新規発行は終了したものの、現在使っているカードについては有効期限まで使うことができますので、できるだけ確定申告が終了してからマイナンバーカードへ切り替えた方がよいかもしれません。

e-Taxで個人番号カードの電子証明書を利用するには?

e-Taxで個人番号カードに格納した電子証明書を利用する場合、対応したリーダライタやソフトウェアのアップデートが必要になります。

以前から住民基本台帳カードの電子証明書を利用していた場合、ソフトウェアのアップデートをしないとリーダライタが反応しなかったり、認識しないことがありますのでご注意ください。

まずは、お使いのリーダライタが「個人番号カードの電子証明書」に対応している機種かどうかを確認しましょう。
http://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html
※PCもしくはスマートフォンからアクセスして下さい。

対応しているのに反応しない場合、最新のソフトウェアにアップデートする必要があります。実際のソフトウェアやデバイスのアップデート方法については、使用しているリーダライタのメーカーの公式サイトにてご確認ください。

何年も以前に購入したリーダライタの場合、機種自体は個人番号カードに対応しているものの、取扱い説明書には何も記載されていないケースがありますので、公式サイトで最新の情報を確認するようにしましょう。

実際に利用する際には、住基カードではなく、公的個人認証サービス(番号カード)の箇所を選択します。

上記のように、「住基カード」から「個人番号カード」へと移行する際、リーダライタのトラブルで利用できなくなる可能性もあります。既に住基カードの電子証明書を使用している場合、確定申告ギリギリのタイミングでの切り替えは避け、余裕を持って対応するようにしましょう。

コンビニで住民票などの証明書を発行できる

このマイナンバーカードの利点として、コンビニで「住民票」や「印鑑登録証明書」などの交付が可能になっています。セブンイレブンの場合、年末年始を除く午前6時半〜午後11時まで利用できますので、日中に役所に行くことができない人には便利です。

例えば、セブンイレブンの場合、マルチコピー機の「行政サービス」の箇所から交付を申請することができます。

参照:お手続きの方法

マルチコピー機にてその場でプリントアウトされますが、偽造防止対策もされているため、プリントした証明書はそのまま通常どおりに利用することができます。他のコンビニでもたいていは同じような手順になります。

マイナンバーカードと暗証番号があれば、近所のコンビニで証明書を取得することができるので便利です。


次のページ » | マイナポータルで自分の個人情報を確認

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp