個人事業で開業しよう

マイナポータルで自分の個人情報を確認

国が運営するマイナンバーの個人向けサイトに「マイナポータル」がありますが、約100億円のサーバー費用をかけて整備したものの、利用率は想定のわずか0.02%しかなかったことで注目を集めています。

→ マイナポータル

こちらのマイナポータルでは、年金事務所や国税庁などとつながることにより、ポータルサイト的な役割を担うことになるものと思いますが、アカウントの開設やログインする際には電子証明書を搭載したマイナンバーカードが必要となります。

当サイト運営者も利用してみましたが、利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカードがあれば、カードリーダライタで繋げて簡単にログインすることができるため、本人確認の方法として安全性が高く、新鮮な印象を感じました。

また、税金の納税状況や年金の情報などもこちらのマイナポータルから確認できます。そのほか、子育てに関する行政手続もワンストップでできて便利です。

既に国税庁のe-Taxやねんきんネットを使用している場合、それほど目新しい情報は得られないかもしれませんが、一応は登録しておいた方がよいでしょう。

マイナポイントはマイナンバーカード取得者が対象

こちらはまだ未定ですが、消費税増税に伴う消費の落ち込みを抑制する目的で「マイナポイント」を2020年7月以降に実施することが検討されています。これは民間のキャッシュレス決済へ事前チャージした人に対して国費で「マイナポイント」を上乗せするものですが、消費の活性化と共にマイナンバーカードの普及率向上も目的となっています。

このマイナポイントの対象者は「マイナンバーカードを取得し、マイキーIDを設定した者」が想定されています。

このなかで「マイナンバーカードの取得」については大前提ですが、「マイキーIDを設定した者」とあり、この「マイキーID」はインターネット上の「マイキープラットフォーム」にて作成することができます。この「マイキーID」は自治体ポイントなどで既に利用されている方もいますが、マイナポイントではこのマイキーIDも必要になるようです。

いずれにしても還元率や実施時期については検討中とのことですが、マイナンバーカードは早めに取得しておくとよいでしょう。


次のページ » | 確定申告後の電子納税のやり方

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp