個人事業で開業しよう

介護保険料の納付は40歳以上が対象

介護保険は40歳以上の全員が強制加入となっており、介護保険料を納める必要があります。40歳〜64歳までの人は健康保険料と一緒に納付し、65歳以上の年金生活者の場合は基本的には年金からの天引きになります。

年金保険料の場合は20歳以上ですので、介護保険料の40歳以上というのは中途半端な気もしますが、親の介護を考え出す年代の40歳以上の方が加入対象となっています。

ただし、「年齢計算に関する法律」により、厳密には誕生日の前日に「満40歳に達した」とみなされ、その「満40歳に達した日」の属する月から徴収されるため、「1日生まれ」の人に限っては誕生日の前月から徴収されることになります。

例えば、5月2日生まれの人の場合は前日の5月1日となり、そのまま5月分からの徴収となりますが、5月1日生まれの人の場合は前日の4月31日が40歳に達した日となるため、4月分からの徴収となります。

会社によって「翌月徴収」や「当月徴収」などの違いがあるため、誕生日の月の給与ではなく、翌月給与からの天引きとなるケースもありますが、いずれにしても40歳になると介護保険料も天引きされはじめると考えておけばよいでしょう。

この介護保険料の納付は、サラリーマンの場合は基本的に健康保険料と一緒に給与からの天引きとなります。個人事業の自営業者の場合でも国民健康保険料と一緒に納付することになります。

加えて、年金生活者の場合でも年金からの天引きとなるため、滞納となるケースは少ないです。

ただし、年金生活者の場合で年金額が年額18万円未満の場合などは納付書での普通徴収となるケースもあります。この普通徴収の場合で保険料の滞納が続く場合、一旦は高額な介護サービス料の全額を払うことになったり、自己負担額が3割になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

介護サービスを受けるには要介護認定が必要

この介護保険料を納めることにより、介護サービスを受ける際の自己負担額が1〜2割で利用できるなどのメリットがあります。

高齢者になると日常生活にも様々な介護が必要になってきますが、寝たきり状態にでもなれば、食事や入浴、着替えなども困難となり、これを家族だけで対応するのは負担が大きいです。

親の介護などで仕事との両立ができず、離職されてしまう方が毎年10万人程度いると言われていますが、介護離職が社会問題化してきています。

そのため、介護申請をして調査員による訪問調査を受け、要介護認定を受けた上でその人に応じた介護サービスを利用すれば、負担を軽減することができます。

現在のところ、この要介護認定は「要支援1〜2」と「要介護1〜5」までの7つの段階に分けられています。

このそれぞれの段階に応じた介護サービスを利用するには費用がかかりますが、介護保険料を納めることにより、基本的には1割の自己負担額(一定以上所得者の場合は2割)でサービスを受けることができます。

例えば、月に10万円の介護サービスを受けたとしたら、自己負担1割の1万円の負担ですむということです。

なので、申請して要介護認定を受けなければ、介護保険料を納めるメリットを得ることができませんので、親や自分自身に介護が必要と感じた際には、まずは要介護認定の申請をすると覚えておけばよいでしょう。

なぜ介護保険の加入は20歳以上ではないのか?

介護保険の加入が40歳以上となっている理由についてですが、40歳以上は親の介護を考える世代にあたり、また40歳は初老の時期に差し掛かることから保険料負担の理解を得られやすい面があります。

けれども、20代の若年層の場合、老化に伴う介護サービスを受けることはないため、保険料負担とそれに伴う受益の関連性がなくなってしまいます。健康保険の場合は20代の人でも病院で保険治療を受けることがありますが、介護保険の場合は20代の人が介護サービスを利用することはまずありません。

また、介護保険は2,000年から施行されたものですので、現在の高齢者世代の若い頃には介護保険料を払っていなかったこともあり、単に財源が不足するからとの理由で加入年齢を引き下げてしまうと世代間の不公平感が増してしまいます。

さらに、社会保険料は会社との折半になるため、20代まで介護保険料を引き下げてしまうと企業の負担も大きくなります。そのため、以前にも加入年齢引き下げが議論されてはきましたが、企業などからの反発を受けて見送られています。

一方で、団塊の世代が75歳を迎え、この世代が本格的に介護サービスを受けるようになる2025年頃には、財源が枯渇することがほぼ確実視されています。さらなる保険料アップと給付制限では対応しきれないため、いずれは20歳以上の若年層にも負担を強いる形になることが予測されています。


次のページ » | 国民健康保険組合(国保組合)とは何か?

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp