個人事業で開業しよう

ネットショップの開業方法

ネットショップを開業するには、楽天やYahoo!ショッピングなどの「大手ショッピングモールに出店する方法」と「自社でECサイトを構築する方法」の二つがあります。

楽天などの大手ショッピングモールを利用すれば、サーバー管理などの必要がないため、ネットショップ運営のみに注力することができます。けれども、費用がかかる点やモール側による利用制限のある点がデメリットといえます。

一方、自社でECサイトを構築すれば、それらの制限はなくなるものの、管理に手間がかかったり集客面で弱くなるなどのデメリットがあります。

自社ECサイト構築とショッピングモール出店の違い

自社でECサイトを構築する場合と大手ショッピングモールへ出店する場合とでは、以下のような違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

集客力の違い

集客力でいえば、楽天やヤフーショッピング、あるいはアマゾンなどの大手ショッピングモールに利点があります。買い物が目的のユーザーが多く集まるため、自然と購入意欲の高いお客さんだけが集まってきます。楽天ランキングなどで上位に表示されれば、大きな売り上げも見込めることでしょう。

一方、自社でECサイトを構築した場合、検索エンジン経由での集客(SEO対策)や広告を配信しての集客がメインとなります。検索エンジンで上位に表示されることなどが重要となりますが、同業他社との競合が激しい傾向にあります。

顧客リストの取り扱いの違い

楽天の場合、楽天で得た顧客情報は楽天内でしか取り扱うことができません。商品の送付先として入手したお客様の住所などに、直接広告を送付して自社サイトへ誘導することは禁止されています。

一方、自社運営によるネットショップの場合はそのような制限がないため、DMやメールなどで顧客にダイレクトにアプローチすることができます。顧客管理の面ではECサイトを自前で構築する方にメリットがあるでしょう。

販売ツールの有無

ネットショップの開業には、ECサイトのほか、ショッピングカートや在庫管理ツール、決済手段、あるいはSSL対応のURLなど様々な販売ツールが必要となります。この点が事業内容を紹介する目的の公式ホームページと異なる点です。

また、稼働率の高いサーバーでなければ、営業活動に支障が出てしまいます。仮に稼働率99%のサーバーであったとしても、年間1%のロスで3日分の売上が消えてしまいますので、高機能なサーバーを用意する必要があります。

加えて、クレジットカード決済やメールによる個人情報の送信が必要になるため、通信を暗号化して盗聴や改竄を防ぐSSLへの対応(https対応)も必要になります。

決済手段やショッピングカートを外注することもできますが、これらをすべて自社で管理するのは困難です。そのため、管理の手軽さという面では、販売ツールが一括で用意されている大手ショッピングモールを利用する方が便利といえるでしょう。

デザイン面での自由度

楽天やアマゾンなどの大手モールに出店する場合、デザイン面は統一されていますのでほぼ自由度がありません。楽天なら赤と白、アマゾンなら黄色と黒と白などで統一されています。

一方、自社でECサイトを構築する場合は自由にデザインを決めることができます。

独自ドメインの利用可否

楽天などでネットショップを開業した場合、楽天のURLを利用することになるため、退店した場合はそれまでのURLを利用できなくなります。あるいは、仮に楽天自体が業績の悪化などで運営を終了した場合も利用できなくなるはずです。

そういった意味で、他社に依存しての営業となってしまうため、自社で独自ドメインを取得して自前のホームページを開設した方がメリットが多いです。

ネットショップ運営に独立性を持たせたい場合には、できるだけ自前で独自ドメインを用意してECサイトを運営した方がよいでしょう。

以上のような違いがありますが、どちらかのみではなく、自社ECサイトを「本店」、大手モールを「支店」の形で両方とも運営されているケースも多いです。

大手ショッピングモールの比較一覧

大手ショッピングモールには、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどがあります。

一般的にネットショップ開業といえば、国内大手である楽天への出店がメインになるかと思います。ただし、楽天は集客力は高いものの、費用がかかる点とそこで得た顧客情報は自社サイトで流用できないなどのデメリットがあります。

楽天
楽天での出店費用の目安は、最安ライトプランで月額39,800円(税別)〜 
→ 楽天市場の出店プラン(個人事業主、もしくは法人)
※PCもしくはスマートフォンからアクセスして下さい。

ヤフーショッピング
ヤフーショッピングへの出店は無料ですので、とりあえずでも出店してみたい方はヤフーを利用してみるとよいでしょう。
→ https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/

Amazon
アマゾンも国内大手のショッピングモールです。
→ Amazon出品(出店)サービス

Wowma!(ワウマ)
旧「DeNA ショッピング」と「au ショッピングモール」がKDDIによりブランド統合され、モールの名称が「Wowma!」(ワウマ)に変更となりました。
→ Wowma!

ネットショップ開業向けのウェブサービス

自社でECサイトを構築する場合、オープンソースの「EC-CUBE」などを使えば、独立性の高いネットショップを自由に構築することができます。一方で、技術的な管理が大変なため、専門の担当者を用意しなければならないなど管理コストが膨らむ傾向があります。

けれども、ネットショップ開業に特化したウェブサービスを利用すれば、この管理の部分をサービス側が対応してくれるメリットがあります。

ショップサーブ

個人事業や法人を問わず、ネットショップ運営に必要な機能がすべて揃っており、サポートとマニュアルが充実しています。20年の実績がある老舗なので安心して利用できます。

費用の目安はスタンダードプランの場合、「初回費用10,000円+税、月額8,900円+税」から利用することができます。
→ ショップサーブ

カラーミーショップ

初期費用をかけずにショップ運営を開始したい方はこちらを選択されるとよいでしょう。同社運営による「ムームードメイン」を利用すれば、.comや.netなどの独自ドメインも利用することができます。

費用は初期費用3,240円 (税込)、月額費用900円(税込)〜となっており、また、いくら売れても販売手数料がかからない点に特徴があります。
→ カラーミーショップ

自社ECサイトを構築する際には、運営サービスから提供されるURLではなく、できるだけ独自ドメインを自社で取得して運営されることをおすすめします。


もし費用に余裕があるようでしたら、自社でECサイトを構築して本店としたのち、大手ショッピングモールの楽天やヤフーにも出店して集客経路を増やしていくとよいでしょう。


次のページ » | 個人事業のネットでの集客方法

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp