個人事業で開業しよう

税金の時効は何年ですか?

税金の時効には大きくわけて、3年、5年、7年の違いがあります。

税目や法人か個人かによって違いはありますが、概ね、期限内申告書の提出があった場合は「3年」、提出していなかった場合は「5年」となり、意図的に脱税していた場合は「7年」になります。

起算日については、概ね法定申告期限の翌日となっており、確定申告の場合は期限日が3月15日ですので、3月16日から何年ということになります。

また、多く税金を申告していた際の「更生の請求」についても時効があり、こちらも税目によって違いはありますが、概ね「5年」となっています。

税務調査による加算税と延滞税のペナルティー

税金には時効があるものの、知っていて申告しなかったなどの場合は加算税や延滞税などの重いペナルティーが課せられます。

過少申告加算税
新たに納めることになった税金の10%相当額。ただし、「新たに納める税金」が「当初の申告納税額と50万円とのいずれか多い金額」を超えている場合、その超えている部分については15%。

無申告加算税
申告するべき税金があったにも関わらず、期限を過ぎても申告がなかった場合。50万円超の部分は20%。

重加算税
仮装、隠ぺいがあった脱税の場合。改正により最大50%。

延滞税
延滞税の利率も高めです。

税金については自己破産しても免責されないため、分割払いなどで納めていく必要があり、ある意味で消費者金融やカードローンなどの借金よりも過酷です。税務調査が入ればばれてしまうことなので、もし無申告に気がついた場合にはそのままにせず、自発的に修正申告をするようにしましょう。

平成28年度の税制改正にて加算税制度が改正されており、調査通知を受けて修正申告をした際にも加算税が課せられてしまうため、気づいた時点で自主的に修正申告をした方がペナルティーは軽くなります。


次のページ » | 確定申告の提出書類の実例

開業の仕方

開業届を税務署に提出しましょう
青色申告で開業するのがお得です
記帳とは何ですか?
個人事業におすすめの会計ソフト
クラウド会計マネーフォワードをレビュー
会計ソフトで納税額は計算できる?
発生主義と現金主義の違い
領収書の保存義務があります!
個人事業用の銀行口座の開設方法
個人事業主向けクレジットカード比較

個人事業の税金

個人事業で納める税金の種類
個人事業主が納める税金の実例
年収と所得、手取りの違い
所得税の税率と計算方法
住民税の所得割と均等割の違い
個人事業税の計算方法
消費税の免税事業者とは?
国民健康保険は適用される控除が少ない
介護保険料の納付は40歳以上が対象
国民健康保険組合(国保組合)とは何か?
給与所得者と個人事業主の税金はどっちが高い?

確定申告の仕方

確定申告の提出書類の実例
e-Taxで確定申告する方法
個人番号カードとは何か?
確定申告後の電子納税のやり方
還付申告と確定申告の違い
所得税の予定納税の還付時期
所得控除と税額控除の違い
人的控除は「人」に関する所得控除
事業所得と雑所得の違い
年度と何年分、事業年度の違い
家賃や水道光熱費の按分計算とは?
事業主貸を返済する必要はない
個人事業に顧問税理士は必要?

ネットでの集客方法

個人事業用ホームページの開設方法
ネットショップの開業方法
個人事業のネットでの集客方法
インターネットFAXで開業コストを削減

個人事業の節税対策

所得控除を増やして節税対策
小規模企業共済に加入して節税対策
国民年金基金は年金額確定の「積立方式」
医療費控除の節税効果
ふるさと納税は節税になるか?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは何か?


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp