お店がキャッシュレス還元に参加する方法

消費税率10%への引き上げに伴う需要の冷え込みを抑えるため、2019年10月1日から9か月間の期間限定で「キャッシュレス・消費者還元事業」が導入されています。

これはキャッシュレス決済を利用することで消費者へ最大5%のポイント還元がされるものですが、中小店舗にとってもメリットがある仕組みになっています。

キャッシュレス・消費者還元事業:
2019年10月1日(火)0:00 ~ 2020年6月30日(火)23:59

(※キャッシュレス・ポイント還元事業は、2020年6月30日にて終了しました。)

中小店舗がこのキャッシュレス決済に対応していなくても、もちろん罰則があるわけではありませんが、現金決済のみの場合はお客さんを逃してしまう可能性があります。また、この制度は中小・小規模事業者を支援するためのものとなっており、ポイント還元率で大手よりも優遇されているため、ある程度の集客効果は見込めるはずです。

このキャッシュレス・ポイント還元事業にお店が参加するには加盟店登録をする必要がありますが、クレジットカード決済を導入するなりして決済事業者経由で参加の申し込みをするとよいでしょう。登録が完了したらポスターやステッカーなどが送付されてくるため、それらを店頭に掲示して準備が完了します。

上記のとおり、このキャッシュレス還元は2020年6月30日までとなっていますが、加盟店の登録申請については「2020年4月末まで申請を受け付け」のため、できるだけ早めに対応しておくことをおすすめします。

キャッシュレス還元の加盟店登録のメリット

このキャッシュレス決済に対応して登録加盟店になると具体的にどういったメリットがあるのかについては、キャッシュレス消費者還元事業の公式サイトに「使えるお店を探す」の箇所がありますので、そちらからの集客効果を見込めるかもしれません。

キャッシュレス還元 お店

このような地図で登録加盟店の検索が可能になっており、2%や5%などと指定してお店を調べることができるため、消費者はこのなかから自分のお店を探して来店される可能性があります。また、ホームページだけではなく、スマホアプリでも検索することができます。

このキャッシュレス還元は中小・小規模事業者が対象となっており、大企業は対象外のため、地図上では中小店舗しかヒットしません。1部、大手のフランチャイズチェーン店もヒットしますが、この場合は2%となっているため、「5%」の店舗であれば、ある程度は集客効果が見込めるものと思います。

当サイト運営者が調べてみた印象では「5%」のお店は数えるぐらいしかヒットしないため、もしこの地図上に掲載されれば、割とお客さんが来店されるのではないかと感じています。今後は登録加盟店が増えていくことが予想されますが、現段階ではまだ数えるぐらいしか掲載されていないため、登録しておくメリットはあるかと思います。

いずれにしましても、このキャッシュレス・ポイント還元事業は9か月間の期間限定のため、できるだけ早めに参加しておくことをおすすめします。