法人向けクレジットカード比較

法人カードは、ビジネスカードやコーポレートカードとも呼ばれていますが、契約者が「法人」なのか、もしくは「法人代表者」なのかによって違いがあります。

  • 法人
    (引落:法人口座)
  • 法人代表者
    (引落:代表者の個人口座や法人口座)

一般的には契約者が「法人」の場合、法人の設立年数や黒字決算などの業績、会社の信用力などを元に審査されます。どちらかというと「法人」で契約する方が利用可能枠が多いですし、社員用の追加カードの発行可能枚数も多いです。従業員数が多い場合には、代表者ではなく法人にて契約することをおすすめします。

この法人で契約するタイプの場合、引落口座は法人名義の口座にはなりますが、カードの名義はそのカードを実際に使用する役員や社員などの個人名になるため、使い方自体は特に変わりありません。

一方、契約者が「法人代表者」の場合、代表者個人の信用力に重点が置かれて審査されることになります。法人カードとはなっているものの、「個人事業主」でも契約可能となっているケースもあり、こちらは主に経営者向けといえます。個人事業主向けのクレジットカードの場合でも、事業主個人の信用力によるところが大きいですが、そちらと同じタイプのカードになります。

こちらの場合でも従業員用の追加カードを発行できることが多いですが、「法人」で契約するタイプと比べると追加カードの発行可能枚数は少なめの印象があります。

おすすめ法人カードの一覧

社員の出張や交際費などの経費を一括で管理する場合、複数のカードを追加で発行できるタイプが便利です。引落口座を法人名義にすることにより、会社の経費を一括して管理することができます。

三井住友ビジネスカード

三井住友カードの法人カードには「三井住友ビジネスカード」があります。

こちらの三井住友ビジネスカードには、法人代表者や個人事業主向けの「三井住友ビジネスカード for Owners」もありますが、「for Owners」については個人事業主向けのクレジットカードのページをご参照ください。

このページでは法人のみが対象となっている「三井住友ビジネスカード」についてご紹介します。

公式サイト
→ 三井住友ビジネスカード

こちらも「ビジネスゴールドカード」がおすすめです。

ビジネスゴールドカード

お申し込み対象

法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安)

決済口座

法人名義口座

年会費

使用者1名 税抜10,000円+税
2名から1名につき 税抜2,000円+税

カード利用枠
(カードショッピング)

原則20万円~300万円(1回払いでのご利用)

こちらの三井住友ビジネスカードは「設立間もない企業さまにもご入会いただいております。」との記載がありますので、法人成り後の新設法人でも申し込みがしやすいです。審査によっては落ちるケースもあるかとは思いますが、新設法人にとってはずせない選択肢かと思います。

券種には「ビジネスクラシック(一般)カード」と「ビジネスゴールドカード」、「ビジネスプラチナカード」の3種類がありますが、いずれも法人のみが対象でカード使用者は20名以下が目安となっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・カードには、提携カードとブランド本体発行によるプロパーカードの違いがありますが、こちらはプロパーカードのためステータス性は抜群です。

お申し込み対象が「法人格のある法人代表」、もしくは「個人事業主」となっており、経営者向けのビジネスカードになります。こちらもビジネス・ゴールドカードがおすすめです。

公式サイト
→ アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

他のカードと比較すると、アメリカン・エキスプレス・カードには一律の利用限度額が設定されていない点に特徴があります。通常よりも高額な決済をする場合には事前に電話で相談しておくとよいでしょう。

また、「ミーティング・スクエア」のサービスがあり、こちらは年会費とは別に月会費(20,000円+消費税)がかかりますが、東京での打ち合わせや商談に便利なビジネスラウンジを利用することができます。場所は東京都千代田区「帝国ホテル 東京」本館5階に用意されており、事前登録が必要になりますが、同伴者1名まで無料で利用することができます。

空港ラウンジについては、カードと搭乗券のご呈示で国内外29空港で利用することができます。カード会員のほか、搭乗券をお持ちの同伴者1名も無料で利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

お申し込み対象

法人格のある法人代表、個人事業主

年会費

31,000円+消費税
追加カード 12,000円+消費税

ご利用可能枠

個々のカード会員の利用状況や支払い実績などによって異なる

オリコビジネスカードGold

オリエントコーポレーションの法人カードには「法人代表者向け」と「法人向け」の2種類があります。

オリコ 法人カード

このなかで、契約者が「法人」のタイプには「オリコビジネスカードスタンダード」と「オリコビジネスカードGold」がありますが、オリコの法人向けビジネスカードの最上位に位置付けられている「オリコビジネスカードGold」がおすすめです。

Orico 公式サイト
→ オリコビジネスカードGold

オリコビジネスカードGold

オリコビジネスカードGold

入会資格

法人

契約者

法人

支払口座

法人名義口座

国際ブランド

Mastercardブランド

使途

事業に用する経費決済

年会費

初年度無料、次年度以降2,000円(税別)

利用可能枠

1法人あたり、10万円~1,000万円

メンバー会員

初年度無料、次年度以降2,000円(税別)
発行枚数最大20枚

ETCカード

年会費無料、最大20枚

こちらは総額利用可能枠が500万円以下なら決算報告書が不要です。

また、メンバーカードとETCカードが最大20枚まで発行可能となっており、役員や社員の人数に応じて発行してもらうとよいでしょう。メンバー単位で利用可能枠の設定が可能なので便利です。

楽天ビジネスカード

こちらは法人で契約するタイプではなく、代表者が契約するタイプの法人カードになります。

法人向けには「楽天ビジネスカード」があり、こちらは単体では申し込むことはできませんが、楽天プレミアムカードに付帯するカードとなっています。

公式サイト
→ 楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

一般的な個人向けの楽天カードには「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」、さらにその上位に「楽天プレミアムカード」がありますが、これらは会社オーナーに限らず、一般的な個人の方でも利用できます。

楽天プレミアムカード

会社経費のビジネス用で利用する場合には、この個人向けの楽天プレミアムカードに追加する形で発行してもらうことになります。

  • 楽天カード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
        ┗ 楽天ビジネスカード(※付帯カード)

右上に「Rakuten Business Card」と書いてる方がビジネスカードになりますが、こちらを利用することで事業用の支払いでも楽天ポイントを貯めることができます。

既に楽天プレミアムカードを使用している会社オーナーの方は、事業用に楽天ビジネスカードも追加で発行してもらい、オーナー個人用と事業用に分けることをおすすめします。まだ持っていない場合には両方を同時に申し込むことも可能です。

ラグジュアリーカード

日本でマスターカードのブランドを選択される際は「ラグジュアリーカード」がおすすめです。

公式サイト
→ ラグジュアリーカード

こちらも法人代表者が契約するタイプになります。

「Luxury Card」は平成28年に日本に上陸したばかりですが、「BLACK CARD LCC」が米国で発行している富裕層向けの金属製クレジットカードです。日本でのカード発行は株式会社アプラス(新生銀行グループ)を通じて行われています。

美しい上質な金属製カードである点に特徴があり、さらにマスターカードの最上位クラスである「World Elite Mastercard」を日本で初めて採用しているため、ステータス性を求める方はこちらが最適といえるでしょう。

一般的なカードでは、ゴールドカードよりもブラックカードの方が上位ですが、こちらのラグジュアリーカードはゴールドカードが最上位となっています。

表面が24金でコーティングされている「ゴールドカード」が最上位、次に「ブラックカード」、「チタンカード」の順序となっており、いずれもMastercard最上位である「World Elite Mastercard」が採用されています。

「ゴールドカード」については招待制となっているため、上記のページからは申し込みができませんが、まずはチタンカードからはじめてみるとよいでしょう。

既に個人でラグジュアリーカードを持っている場合でも、法人のビジネスで使用する場合には改めて法人口座決済用カードの申込みが必要となります。

ラグジュアリーカード

お申込み対象

満20歳以上の法人代表者もしくは個人事業主の方

決済口座

法人口座(本人名義)

年会費

Mastercard Titanium Card(チタンカード)
50,000円(税抜)

Mastercard Black Card(ブラックカード)
100,000円(税抜)

SBS Executive Business Card

こちらは三井住友カードとSBS(スマートビリングサービス株式会社)が提携して発行しているビジネスカードになります。対象者は法人代表者と個人事業主となっており、2017年8月1日から開始された新しいカードになります。

公式サイト
SBS Executive Business Card

三井住友のビジネスカードには「三井住友ビジネスカード for Owners」がありますが、そちらをベースに、SBS(※スマートビリングサービス株式会社)の独自の特典が提供されているカードです。「SHARES」にて士業の専門家に依頼する際のキャッシュバック(※項目による)や、海外出張でWiFiを利用する際の割引などを会員特典としてお得に利用することができます。

両者の違いでいえば、「三井住友ビジネスカード for Owners」の年会費が「税抜1,250円+税」であるのに対し、こちらの「SBS Executive Business Card」はクラシックカードが「10,000円+税」、ゴールドカードが「35,000円+税」となっている点で違いがあります。

SBS Executive Business Card

クラシックカード

ゴールドカード

ご対象者様

法人代表者・個人事業主

年会費

10,000円(税別)
2枚目以降 1,500円(税別)
初年度無料

35,000円(税別)
2枚目以降 10,000円(税別)
初年度無料

ショッピング利用可能額

10~80万

50~200万

空港ラウンジサービス

ご利用不可

ご利用可

ちなみに、「三井住友ビジネスカード for Owners」については、個人事業主向けのクレジットカードのページにてご紹介していますのでそちらの方もご参照ください。

ライフカードビジネスライト

公式サイト
→ ライフカードビジネスライト

ライフカードの法人カードには、「ライフカードビジネス」と「ライフカードビジネスライト」があります。

両方の違いについてですが、「ライフカードビジネス」の方は発行対象が「法人または個人事業主」であるのに対し、「ライフカードビジネスライト」の方は「法人代表者・個人事業主」となっています。

  • ライフカードビジネス → 法人または個人事業主
  • ライフカードビジネスライト → 法人代表者・個人事業主

そのため、「ライフカードビジネスライト」は法人の代表者個人が契約するタイプのクレジットカードになりますが、こちらは財務資料が不要、審査書類も本人確認資料のみのため、スタートアップ企業やフリーランスの方でも申し込みがしやすいです。

また、ゴールドカードでも年会費が2,000円(税抜)と利用しやすく、スタンダードカードの場合は年会費が無料となっています。

スタンダードカードでは付帯保険や空港ラウンジ、ポイントサービスは付帯されないため、必要最低限のシンプルなカードになりますが、ゴールドカードなら空港の無料ラウンジを利用でき、1,000円につき1ポイントでポイントも付きます。

ゴールドカードでも初年度年会費は無料のため、出張などでよく空港を利用される方はゴールドカードを選択されるとよいでしょう。

ライフカードビジネスライト・ゴールドカード

発行対象

法人代表者・個人事業主

支払い口座

法人代表者 : 法人名義口座
個人事業主 : 屋号名もしくはご本人名義の口座

年会費(税別)

カード1枚あたり2,000円(税抜)
※発行初年度無料

空港ラウンジ

国内主要空港のラウンジを無料で利用可能

ポイント

あり(1,000円につき1ポイント)

ショッピング枠

10~200万円

従業員カード

最大3枚迄

国際ブランド

Mastercard / JCB / Visa

P-one Business Mastercard

ポケットカード株式会社のビジネスカードには「P-one Business Mastercard」があります。

契約は個人事業主、または法人代表者による個人契約となっており、事業に関わる用途に使用することができます。

公式サイト
P-one Business MasterCard

P-one Business Mastercard

発行ブランドはマスターカードで初年度年会費が無料、次年度についても前年度にカードの利用があれば無料となります。(※前年度にカードの利用がない場合は年会費2,000円 税抜き)

また、従業員カードの追加発行も5名まで可能となっており、そちらは代表者カードの利用可能枠から差し引く形での利用となります。

この「P-one Business Mastercard」の特徴は、一般的なビジネスカードとは違い、キャッシング利用可能枠が設定されている点にあります。審査によりますが、利用可能枠が最大300万円までとなっているため、急な資金需要にも柔軟に対応することができます。

銀行や政府系金融機関からの借入れと比べるとキャッシングの金利は高めではありますが、「新規ご入会特典」として優遇金利が設定されているケースもあります。

上記の公式サイトにてチェックされてみるとよいでしょう。

P-one Business Mastercard

年会費

初年度無料
代表者様カードのみ、前年度にカードのご利用があれば次年度も無料
前年度にカードのご利用がない場合、次年度2,000円(税抜き)

発行ブランド

Mastercard

お申込み資格

個人事業主様・法人代表者様で20歳以上の方
(従業員カードは18歳以上の方)

追加可能カード

ETCカード
従業員カード(※ショッピング1回払いのみ、あとリボくん可)

ご利用可能枠
※要審査

ショッピング:上限300万円 / キャッシング:上限300万円

そのほか、カードショッピングの利用額1,000円(税込)ごとにポケット・ポイントも貯まるお得なカードとなっています。

ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネクスト法人カードは、法人代表者のほか、個人事業主でも申し込みをすることができます。新設法人や設立直後でも発行可能で、限度額100万円以下の場合は財務諸表なしでも審査が可能です。

公式サイト
→ ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネクスト 法人カード

年会費は無料ですが、ゴールドカードについては年会費10,000円(税抜)となっています。

ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド

入会資格

個人事業主・法人代表者

支払口座

代表者名義(屋号不要)・法人名義

年会費

10,000円(税抜)

ショッピング利用枠

5~300万

ビジネクスト法人カードはステータスの面で弱いかもしれませんが、新規法人立ち上げ直後でも発行可能となっています。また赤字決算でも発行可能なため、他社と比べると申し込みがしやすいかもしれません。