クラウド会計マネーフォワードをレビュー

クラウドで人気のマネーフォワードをレビューしてみたいと思います。

今回使ってみたのは法人会計用のソフトになりますが、個人事業用のソフトでもほぼ同じ仕様になっているはずです。また、個人用の家計簿ソフトとしても人気が高いです。

料金の比較
マネーフォワード クラウド会計・確定申告
・個人事業ソフト → マネーフォワード クラウド確定申告(無料~月額800円)
・法人会計ソフト → マネーフォワード クラウド会計(月額1800円~)
・個人用の家計簿ソフト → クラウド家計簿ソフト(無料)

このクラウド会計の魅力は時と場所を選ばない点にあります。

通常はデスクトップPCで作業するかと思いますが、ベットで寝ながらiPadでキャッシュフローを確認してみたり、外出の移動時間を利用してiPhoneで業績を確認してみたりと、いつでもどこでも仕事をすることができます。

スマホやタブレット端末でマネーフォワードを閲覧

iPadで閲覧時

iPadなどのタブレット端末でマネーフォワードを使用するとこんな感じです。

マネーフォワード iPad閲覧

まったく問題なく閲覧することができました。

iPhoneでの閲覧時

iPhoneで閲覧した際はけっこう小さかったです。

マネーフォワード iPhone閲覧

レシートを取り込めるアプリはあるようなのですが、ほかのアプリは探しても見当たりませんでした。ピンチアウトすれば普通に見れますが、スマホ対応のアプリ待ちといった感じかと思います。

各端末での仕訳入力もできますが、スマホからは作業がしずらいので、デスクトップPCからの入力が中心になるかと思います。

銀行明細の取り込み機能は安全か?

ネット銀行口座と連携することにより、自動で取引明細を取り込んでくれます。会計ソフト側に取り込まれた明細を確認して保存ボタンを押せば、帳簿に反映される仕組みです。

安全性については、多少の抵抗がありましたが、たいていの銀行の場合、「取引の閲覧のためのログイン情報・パスワード」と「振込などのパスワード」は分離されているはずです。
マネーフォワードで必要なのは「取引の閲覧のためのログイン情報・パスワード」だけですので、不正送金などの心配はないのかなという気がします。

法人決算などでは、どの道、決算書にて現金や預金残高などは公開することになりますし、振込のパスワードさえしっかり管理しておけば、安全性は担保されている気がいたします。大手金融機関による出資もされているようですので、安全性は確保されていると感じました。

もちろん、銀行口座の情報はあまり気軽には扱えませんので、個々人の判断になるかと思いますが、抵抗のある方はCSVファイルのアップロードで取り込むとよいかもしれません。

クラウド会計は便利だが、サーバーの反応はどうか?

総合的にはクラウド会計のマネーフォワードは便利な会計ソフトだと思いました。

また、クラウドソフトなので、データ自体はマネーフォワード側のサーバー内にあるため、自宅PCが壊れた際でも安心して利用できるメリットがあると思います。

一方、マネーフォワード側のサーバーが落ちたり、あるいはメンテナンス中の場合はアクセスができなくなるデメリットがあります。どの程度の頻度になるのかは不明ですが、確定申告シーズンのためか、編集中に突然アクセスできなくなったり、サーバーが重いと感じるケースが割と多いように感じました。

PCにインストールする会計ソフトの場合、パソコン内でのデータのやり取りになるため、反応速度ははやいですが、クラウド会計は遠く離れたサーバーとのデータのやり取りになるため、反応速度に微妙な違いがあります。

また、チャートなども表示され、カラフルでみやすくはあったのですが、個人的にはあまりカラフルなのは落ち着かなかったです。フォントや色彩の調整ができるのかどうかは不明ですが、そのあたりのカスタマイズができるといいなと感じました。

まだ、詳細には使っていないので、しばらくは使い込んでみたいと思います。他社ソフトからの乗り換えも簡単でしたので、気になる方は上記のリンクから無料でお試し登録されてみるとよいでしょう。