個人事業で開業しよう

社会保険の加入

法人成り後の社会保険の加入について

個人事業から法人成りすると会社の社会保険に加入する必要があります。この社会保険は「健康保険と年金」の部分になりますが、事業主である役員も強制加入になります。
続きを読む

役員のみの一人会社でも社会保険の加入は必要?

法人の場合、一人会社でも社会保険の強制加入の対象となります。(※昭和24年7月28日保発第74号通知などを参照)
続きを読む

役員報酬に対する社会保険料の負担割合

一人会社のオーナー社長で協会けんぽの社会保険に加入した場合、健康保険料(介護保険該当)と厚生年金保険料で役員報酬の「約3割」程度の負担が発生することになります。
続きを読む

役員が社会保険に加入できる最低給与はいくら?

母親を自分の会社の常勤役員に付けているのですが、70歳までは厚生年金に加入させておきたいため、社会保険に加入できるギリギリの最低報酬額に設定したいと考えております。
続きを読む

扶養控除を外れない役員報酬の決め方

役員報酬を決める際、扶養控除の対象になるかどうかも考慮に入れましょう。

例えば、妻を会社の役員につける場合、あるいは養っている母親を自分の会社の役員につける場合など、支払う役員報酬額を多くすると所得税法上の配偶者控除や扶養控除の対象からはずれてしまうことがあります。
続きを読む

70歳以降も雇用する際の厚生年金の手続き

自分の会社の役員に付けている母親が70歳に到達したため、社会保険関係で手続きが必要になるらしいのですが、次の2つの書類が送られてきました。
続きを読む

算定基礎届の提出はe-Govが便利

毎年1回、社会保険の標準報酬月額を決めるため、その年の4月〜6月に支給した給与については届出をする必要があります。これは定時決定といわれているものです。
続きを読む

新たに年収106万円の壁が出現か?

2016年10月1日から社会保険の加入対象が拡大され、週20時間以上で働く年収106万円以上などの条件を満たしたパートタイマーも適用対象となりました。
続きを読む

子ども・子育て拠出金とは何か?

以前まで社会保険料の納付書で「児童手当拠出金」が引かれていたかと思いますが、この名称が平成27年4月に「子ども・子育て拠出金」へ変更になっています。
続きを読む »

社会保険の新規適用調査に行ってきました

法人成り後、社会保険の新規適用調査で呼び出しがあったので年金事務所へといってきました。

通常、3〜5年に1回の調査があるようなのですが、新規適用の場合はすぐに調査があるようです。遡ること約半月ほど前、呼び出し状のようなものが届き、日時を指定されていたのですが、正直あまり気がすすまなかったです。
続きを読む


法人成り・会社設立

法人成りを考えるべきタイミング
法人成りの資本金はいくらがいいのか?
屋号と商号(会社名)の違い
「合同会社」での法人成りがおすすめ
法人設立の際の会社印の作成方法
合同会社設立登記申請書の書き方
合同会社設立の際の定款の作成方法
定款の作成例とテンプレートのサンプル
会社設立後の届出書の一覧
法人口座の作り方
法人向けクレジットカードを比較
法人成りした際の給与計算ソフト
特別徴収と普通徴収の違い
源泉所得税と住民税の納期の特例
給与所得控除はサラリーマンの必要経費
年収103万円と130万円の壁とは何か?
新たに年収106万円の壁が出現か?

社会保険の加入

法人成り後の社会保険の加入について
役員のみ一人会社での社会保険の加入
役員報酬に対する社会保険料の負担割合
役員が社会保険に加入できる最低給与
扶養控除を外れない役員報酬の決め方
70歳以降も雇用する際の厚生年金の手続き
社会保険の新規適用調査に行ってきました

法人決算・年末調整

法人決算と個人事業の決算の違い
法人で納める税金の種類
法人税の電子申告(e-Tax)の手順
法人住民税や事業税はeLTAXから申告
営業利益や経常利益、税引前利益の違い
赤字決算で欠損金を繰り越すメリット
役員報酬は定期同額給与がポイント
役員貸付金の利率が下がってきた!
年末調整のやり方と法定調書の提出
2016年の年末調整からマイナンバーが必要
源泉徴収票の税額に誤りがあった場合


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp