個人事業で開業しよう

新たに年収106万円の壁が出現か?

2016年10月1日から社会保険の加入対象が拡大され、週20時間以上で働く年収106万円以上などの条件を満たしたパートタイマーにも加入が義務づけられることになりました。

もし加入対象となり、年収106万円の壁を超えた場合、厚生年金と健康保険はセットなので両方に加入しなくてはなりません。両方に加入することで保険料が給与から天引きされることになりますので、パート給与の手取額が少なくなってしまう影響があります。

これまで夫の健康保険の扶養をはずれる金額は年収130万円の壁とされてきましたが、健康保険の扶養をはずれる条件が実質的に「年収130万円から年収106万円」に下がることになってしまいました。

これまで年収103万円以内にパート時間を調整していた人は特に変更ありませんが、健康保険の扶養をはずれない年収130万円の壁を意識して働いていた人にとっては、今後は年収106万円以内に調整する必要が出てきます。

ただし、適用となる条件には、この年収106万円以外にも多くの条件があり、実際に適用されるのは約25万人程度と予測されています。なので、ほとんどのパートタイマーには影響がないものとみられています。

年収106万円の壁の条件

主に、常時501人以上の大規模なスーパーで働くパートが適用の対象となりますが、小規模なスーパーでは今のところは対象外となっています。

社会保険の加入により、手取り額が少なくなってしまうなどのデメリットもありますが、一方で厚生年金で将来もらえる年金額は増えますし、保険料負担は会社との折半となるのでメリットが多い面もあります。

もし、当面の生活費に余裕がある場合は、多少の手取り額が少なくなったとしても働く時間を制限せず、できるだけ将来に備えて厚生年金に加入しておくことをおすすめします。


次のページ » | 法人成り後の社会保険の加入について

法人成り・会社設立

法人成りを考えるべきタイミング
法人成りの資本金はいくらがいいのか?
屋号と商号(会社名)の違い
「合同会社」での法人成りがおすすめ
法人設立の際の会社印の作成方法
合同会社設立登記申請書の書き方
合同会社設立の際の定款の作成方法
定款の作成例とテンプレートのサンプル
会社設立後の届出書の一覧
法人口座の作り方
法人向けクレジットカードを比較
法人成りした際の給与計算ソフト
特別徴収と普通徴収の違い
源泉所得税と住民税の納期の特例
給与所得控除はサラリーマンの必要経費
年収103万円と130万円の壁とは何か?
新たに年収106万円の壁が出現か?

社会保険の加入

法人成り後の社会保険の加入について
役員のみ一人会社での社会保険の加入
役員報酬に対する社会保険料の負担割合
役員が社会保険に加入できる最低給与
扶養控除を外れない役員報酬の決め方
70歳以降も雇用する際の厚生年金の手続き
社会保険の新規適用調査に行ってきました

法人決算・年末調整

法人決算と個人事業の決算の違い
法人で納める税金の種類
法人税の電子申告(e-Tax)の手順
法人住民税や事業税はeLTAXから申告
営業利益や経常利益、税引前利益の違い
赤字決算で欠損金を繰り越すメリット
役員報酬は定期同額給与がポイント
役員貸付金の利率が下がってきた!
年末調整のやり方と法定調書の提出
2016年の年末調整からマイナンバーが必要
源泉徴収票の税額に誤りがあった場合


サイトマップ
運営者概要

©2019 www.private-business.jp